会長方針
2019-2020年度 国際ロータリー
マーク・ダニエル・マローニー RI会長テーマ
(国際ロータリー第2730地区 ウェブサイトへ)


2019-2020年度 国際ロータリー第2730地区
喜島 健一郎 ガバナー地区目標
「クラブの活性化に努めよう」
(国際ロータリー第2730地区 ウェブサイトへ)




2019-2020年度 会長
鎌田 明彦
2019-2020年度 都城ロータリークラブ目標
「クラブの元気は例会から」

2019-2020年度の国際ロータリー会長 マーク・ダニエル・マロー二―会長は、「ロータリーは世界をつなぐ」をテーマとして掲げられ  ①ロータリーを成長させる, ②家族の重要性, ③組織の改革, ④国連との連携と方針が提唱されました。
現在、世界中のロータリアンから、思っていた活動ができない、例会に参加できない、家族との時間が削られロータリアン数が減少傾向となっております。ここでロータリーは「つながり」が最も重要だということと数多くのプロジェクトやプログラム、ポリオ撲滅活動における国連との協力を通じ、グローバル ・ コミュニティとつながる必要があると、マロー二―会長は述べられています。
2730地区の地区目標としては、「クラブの活性化に努めよう」と喜島 健一郎 ガバナーは掲げておられ、地区の活性化に女性会員が果たした役割は大きいと述べられています。 

今回、地区増強委員長も女性会員ですが、我がクラブも増強委員長に女性会員を選任していたところでした。そこで女性会員の入会は勿論、活動的にも大きな影響を与えてくれるのかなと期待しているところです。私は、本年度クラブ運営基本方針として、「クラブの元気は例会から」を目標として活動していきたいと思っております。クラブ運営していく中で、例会が楽しければ会員も出席し退会者も減りクラブ自体も元気になり活気ある活動が出来ると思っております。

今年10月、我がクラブは創立65周年を迎えます。
現在のメンバーにはチャーターメンバーはいらっしゃいませんが、ロータリー歴が一番長い方で43年でロータリー歴10年未満の新しいメンバーが約7割という中での周年事業となりますが、会員一人一人がクラブの原点にもどり誇りを持って元気に楽しく活動できる一年にしていきたいと思っていますのでご理解とご協力を宜しくお願いいたします。
例会場
例会日:毎週金曜日
時 間:12:30〜13:30
場 所:メインホテル
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号
TEL 0986-23-3131

事務局・お問い合わせ先
都城3ロータリー事務局
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号 メインホテル4F
TEL 0986-25-0834
FAX 0986-25-0618
Eメール rc2730@lily.ocn.ne.jp