2018-2019年度 会長挨拶


2018-2019年度 会長
中村 壽秀
2018~2019年度 都城ロータリークラブテーマ
「明るく闊達な語らいを」



2018-19年度国際ロータリー バリー・ラシン会長は、「インスピレーションになろう」をテーマとして掲げておられます。ロータリーの奉仕は人々の人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化をもたらす奉仕をもっと実現するために、私たちは、私たちが今日直面する課題に勇気と希望そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲をクラブ地域社会そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」になりましょう。と提唱しています。
私は、ロータリーの魅力は会員相互の交流を通しての体験・学びができることと、見返りを求めない寄付をすることにより「与える喜び」を得られ、精神が豊かになる。ことにあると思っています。
この素晴らしいロータリークラブをまず、会員自身が理解し、会員の恩恵を享受する。そして会員を増やすことでますます世の中を豊かにしていく。いままでロータリアンの先輩たちが築いてきたものを、時代の変化に対応しつつ引き継いでいきたいと考えています。
そこで、今年度のクラブテーマは、「明るく闊達な語らいを」を掲げました。会員が例会に参加しやすく、例会で語り合う時間を増やすべく取り組んでまいります。語り合うことで智恵が生まれ改善の意欲が醸成されます。皆さん明るく語り合いましょう。ロータリーをエンジョイしましょう。
今年度も皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


基本方針

1. 例会の活性化
夜間例会の実施

2. ロータリー研修の充実
MY ROTARYの活用・新入会員マニュアルを作成

3. SNSを活用した活動の発信・公共ブランドの周知強化

4. 会員純増1名以上

5. 寄付目標の達成