第3158回週報
会長の時間

鎌田明彦 会長
本日は、萩原ガバナー補佐をお迎えしてのクラブ協 議会となっております。後ほど、各委員長さん方に一年間の事業計画と目標を発表してもらいますが、委員会 のメンバーの皆さんも再度認識をしていただければ良いかなと思います。
今月の月間のテーマが、基本的教育と識字率向上月間となっております。今月の月間のテーマになったのは、濟陽歴代会長の時からで、前年度の渡瀬歴代会長の時は、9月の月間は新世代月間となっておりまして、当時のRI会長の考えで変わったのだと思うのですが、3月が識字率向上月間でありました。日本では読み書きの出来ない人はほとんどいないので、身近に感じられないと思うのですが、世界中には、まだまだ教育を受けられない子供たちがたくさんいます。貧困や紛争、学校が近くにないといったさまざまな理由から学校に行けない子供たち(6歳〜14歳)の子が約1億2000万人で、教育の機会が得られず、大人になっても文字の読み書きが出来ない人が、7億5000万人以上(15歳以上の6人に1人)いるようです。貧困の原因となる状況を改善するため、ロータリーではいろんな活動を行っています。たとえば、学校を建てたり図書を贈り先生方の育成に協力するなど、また給食や給水設備、保健設備の改善などに世界各地で活動を行っている状況です。


萩原ガバナー補佐挨拶

今年度も2ヶ月過ぎまして、鎌田会長のリーダーシップのもと、素晴しい事業計画の発表の機会を頂きました事に感謝申し上げます。また、今年度は65周年という事で誠におめでとうございます。鎌田会長を始めと致します会員皆様の御活躍をお祈りしております。
先日、都城RCの週報と事業計画書を拝見させて頂きました。短期間でRI会長のテーマ、喜島ガバナーの活動計画とかも網羅されまして、今年度にかける意気込みが伝わって参ります。そして、それを鎌田会長を支える塩屋幹事、各部門長、委員長の姿勢に感動しております。本年度はこの様な多様性の時代に中核的価値観を捉えられ、まずは会員が毎週 の例会が待ち遠しくなるように楽しく有意義な例会を心掛けたいというまさにどこのクラブも抱えている問題でございますが、これに取り組みたいということでございます。私も一週間に1回が待ち遠しくて欠席するなんてとても考えもしませんでしたけども、義務出席でございましたから、何の違和感もなく参加していたことが思い出されます。さて本年度の喜島ガバナーの5つの活動計画ですが、ガバナー月信7月号に載っておりますけども全てが簡単そうでなかなか実際は難しいものがございます。それでも本年度にかける鎌田会長の情熱で、簡単にクリア出来そうな気がしております。その中でも得にグローバル補助金に関しましては色々とクリアしなければならない問題があるようですので、取り急ぎ取りかかって頂きたいと存じます。地区補助金は、色々準備が必要だということでございます。また、週報を拝見させて頂きまして、ニコニコや財団や教育振興基金など様々な寄付金の状況が書いてありましたので、それ良い事だと思っております。
今日は、どうぞ宜しくお願い致します


本日のプログラム(クラブ協議会)


週報ダウンロード
詳しい内容は、「週報」をダウンロードしてご覧下さい。
例会場
例会日:毎週金曜日
時 間:12:30〜13:30
場 所:メインホテル
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号
TEL 0986-23-3131

事務局・お問い合わせ先
都城3ロータリー事務局
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号 メインホテル4F
TEL 0986-25-0834
FAX 0986-25-0618
Eメール rc2730@lily.ocn.ne.jp