第3161回週報
会長の時間

鎌田明彦 会長
本日は、喜島 健一郎ガバナーをお迎えしての公式訪問例会となっております。喜島ガバナーようこそ都城ロータリークラブへお越しくださり、誠にありがとうご ざいます。
また、萩原ガバナー補佐、そして宮崎西クラブの久永様・濱田様方におかれましてもご参加いただき感謝申し上げます。本年度の地区大会は、お昼の企画も良く鈴木一作RI会長代理の講演やアドレスもすばらしいお話でしたし基調講演の御二方も聞き手を引き寄せる話術の持ち主の方で充実した地区大会だったなと思う大会でした。喜島ガバナーにおかれましては、公式訪問が、7月10日の奄美ロータリークラブを、皮切りに今日で50クラブ目ということで、11月22日までに 67クラブを訪問され残りの17クラブを訪問していただきたいと思います。また、本日はお疲れのところ大変恐縮なのです が、都城4RCの4役員でのガバナー歓迎合同懇親会が、18時から都城北クラブさん担当で行われますので申し訳ありませんが、宜しくお願いしたいと思います。この後の、ガバナーアドレス、そしてクラブフォー ラムと続きますが、会員の皆様も最後の記念写真撮影まで必ず残っていただきたいと思います。
今回のクラブフォーラムでは、会員増強委員会の前田委員長と社会奉仕委員会の小玉委員長の御二方に地区目標の活動計画についてクラブの状況などをお話ししていただくのですが、小玉委員長が所要のため退席されることになりましたので、国際奉仕委員会の西田委員長に代読をしていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。今回入会された川畠会員は、ガバナーにロータリーの会員章を付けてもらえるのは中々ないことですので良かったと思います。喜島ガバナーありがとうございました。以上で会長の時間といたします。


入会式
川畠悦子様
増強委員長の前田でございます。本日は女性12名の会員が入会となりました、川畠悦子様をお迎え致しました。
みなさん拍手をお願いします。おなじみの方も多いとは思います。牟田町セブンビルの前でラミアンというスナックを経営されておられます。あとご 自宅は若葉町でご主人様ご長男ご長女二人のお子様がいらっしゃいます。これから私たちのお仲間となります。
どうぞよろしくお願い致します。


委員会報告

鎌田会長
今月14日から17日まで吉原 会員増強部門長と中村直前会長が講演をされ、山崎会員、河東 SAAと四季会員と私が随行とい うことで、6名で中国のアモイに 行って参りました。またこの件に関して後日報告をさせて頂きたいと思います。ぜひ、テーブルに置かれているお菓子を食べて頂ければありがたいと思っております。
以上で報告と致します。




【創立65周年記念実行委員会】 温水実行委員長
創立65周年記念式典実行委員会よりご報告させて頂きます。この例会終了また写真撮影の終了後にリハーサルを行います。該当される方にはFAXが届いてるかと思います。該当者の方は隣のメインホールの方に速やかに集って頂きたいと思います。次の予約が入っている為に1時間弱ぐらいの時間しかとれませんでしたので、スムーズに進めたいと思います。御協力よろしくお願い致します。
それから先ほど会長からも報告があったんですが28日は3時に集合です。時間を間違って来られる方がいらっしゃるかとお聞きしてがおりますが、3時に集合です。その時に都城ロータリークラブ例会として入会式を行いますので、よろしくお願いします。その後は最終打ち合わせをし、各持ち場所に移動して頂いて式典を盛上げて 頂くようよろしくお願い致します。


本日のプログラム(ガバナーアドレス)

喜島ガバナー
こんにちは。当年度のガバナーに就任致しました宮崎西RC所属の喜島健一郎です。1年間どうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、例会 に先立ち先ほど会長幹事会にて貴クラブ事業計画を伺い、素晴らしい事業計画の内容及び活動の実績に大変感銘を受けました。それでは、 お話をさせて頂きます。国際ロータリーのマークダニエル・マローニー会長は、自分の日ごろの意見を国際協議会でたくさん話されました。 一つはロータリーの目標についてです。ロータリーの目標は、職業上の倫理観を高めることによってロータリアンの職業を高潔化するという こと、またロータリアンが個人の立場で職業上・社会生活上の奉仕活動を行うということ、それから知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること、ロータリーを学んだ職業人が世界的ネットワークを通じて世界平和・親睦・平和推進に努めていくということを大きな声で何度 も言っておられました。そしてそのことを達成するための会長テーマとして「ロータリーは世界をつなぐ」ということにつながるわけです。これ を達成するためにロータリーを活性化してください、クラブを活性化してください、クラブの決まりを改革してください、それから国連との連携を進めてください。というお話をされました。それらを踏まえたうえで、私は「クラブの活性化に努めよう」ということを私達2730地区の目標にいたしました。 そしてその為に地区の方針5項目を立てました。

1. 童心と共に原点に返り原点を大切にして変化を受け入れ目標に向かおう
2. 女性会員が 10%未満のクラブは 10%以上に増強しよう
3. クラブの会員が 50 名以下のクラブは10名単位で会員を増強しよう
4. 姉妹クラブがないクラブは国内か国外に姉妹クラブを作ろう
5. 5年間グローバル補助金を使用していないクラブは、財団のグローバル補助金を使い国境を越えた恵まれない人々を支援する活動をしよう


ということを申し上げました。この計画を実践していくために戦略委員会を地区に作りました。しかし、国際ロータリーから地区だけではだめだと、地区内全クラブに戦略委員会は必要だと、あなたの地区にはいくつのクラブがあり、いくつのクラブが委員会を作り実行しているか報告せよ、との指示がありました。
そこで皆様にお願いしたいことは、それぞれのクラブに戦略委員会を作っていいただきたい。そしてその戦略委員会で5つの方針の中でどの方針に自分たちは向かうのか? 向かう方針は一つでいいのか? 二つに向かうのか?あるいは3つにむかうのか?それらを各クラブで検討し協議していただきたい。
検討し協議することが未来につながります。それから、もう一つお話ししたいことは、メイキャップについてです。1年間メイキャップを認めるという方針が出されました。 この件につきましてはまだ正式な日本語訳はできておりません。クラブ細則を変更するにしても、この日本語訳が基となります。クラブにとって活性化するためにはどのようにすればよいのか、戦略委員会を中心としてクラブ全体で協議していただきたいと思っております。「ガバナー月信」の8月号に『クラブと地区に関する重要な変更「出席」に対する地区見解ご案内』が掲載されます。参考にしていただきたいと思います。長々と話しましたが、私が心から祈念申し上げてお りますことはクラブの皆様方が親睦を深め、楽しい活動につながることであります。そしてそれがロータリアンの資質向上につながるわけでありますから、どうぞ皆様、つながりあって親睦を深めていきましょう。1年間よろしくお願いいたします。


クラブフォーラム
会員増強委員会 前田委員長

今年初めて増強委員長を承りました。そして長峯パストガバナーより30人の増強というお題を頂きまして非常に苦労しております。
みなさんの御協力を受けるべく話をさせて頂きます。まず私はロータリークラブ7年なんですが、以前に都城倫理法人会、岡山ではライオンズクラブに所属しておりましてロータリークラブが一番いいなと私は感じております。それと増強に関してですが、ロータリーの強みとかロータリーに入るとこんなに良い所があって、楽しいんだよという所を皆に伝えていけたらなと思っております。その為にはやはり魅力的な人がたくさんクラブにいるといいんじゃないかなって思うんですね。それで魅力的な人は、どういう人なのかということになりますねよね。大抵男性の方なんですけれども、男の人で魅力的な人というか、もてる人っていうのはどんな人かなっていうのをまとめてみました。これはインターネットで検索した魅力的な人の順位ですが、第1位優しい、2位が誠実、3位が仕事を頑張っている人やっぱりそういう人っていうのは魅力的に映る。一般的に異性からはもちろんの事ですけれども人として誰から見ても魅力的な人間っていうのがこの世を生き抜く為に必要な心意気ではないかと思います。
そしてもう一つ分かり易い 嫌いな異性のタイプ第1位なんだと思います?すっごい分かり易いです。1位ケチな人ですね。そして2位は嘘つき。3位が俺様となっております。周りの人を 喜ばせて、周りの人とうまい関係を作って行くと多分お仕事もうまくいくんじゃないかなと思います。そして人間関係もうまくいってくれれば友達もたくさん出来てそしてロータリークラブにもお誘い出来る友達が出来るという事にもなると思います。そして良いお友達をロータリークラブに誘って、仲間を増やして行く。都城ロータリークラブというのは非常に明るくてみんな仲良しで、派閥もなくすごく大人なクラブだなと私は思っております。みなさんすごい包容力があって温かく、私のようなものでも温かい目で見てもらえるし、可愛がって頂けるので、本当にありがたいです。こんなクラブだからこそいい人たちをもっと増やせるんじゃないかと私 は思っております。そしてちょっと積み重ねて記念日には宝石を買ってあげて下さい。私が本当にステキなセンスのいいものを皆さんに提案させて頂きますので、ぜひ贈り物を奥様にさしあげて下さい。
ずっと将来を歩んで行く大切なパートナーですからね。西田さん続きをお願い致します。


社会奉仕委員会 小玉委員長 代読:国際奉仕委員会 西田委員長

本日は、喜島ガパナー訪問誠にありがとうございます。
さて、天皇陛下ご即位に伴う、パレードが延期されることになりました。その理由は、「被災者に寄り添い、災害対応に当たる関係者にも配慮されてのことで過去にもこのような対応はあったようであります。東日本大震災においては、2730地区国際ロータリーは長案パストガバナーのリーダーシップもあり、「陸前高田に桜を捧げる会」を立ち上げ、広く市民にも呼びかけ陸前高田市に桜の苗木3000本を贈りました。その桜の苗木も昨年は花を咲かせ市民の憩いの場として喜ばれております。ただ今申し上げた、災害に寄り添った活動も立派な、2730地区国際ロータリークラブが行った社会貢献の奉仕活動であると思っています。ロータリーの目的は、意義ある事業、つまり仕事の基礎として奉仕の心を奨励し、これを育むことにある。とありますが、ロータリークラブの奉仕には、『ロータリーの五大奉仕』が掲げられ5つの奉仕を掲げロータリークラブは活動しております。奉仕とは、サービスの心を持って行う。その結果として、最も良くサービスをする者が最も多く報われ生業が繁栄発展し心も豊かになれる。そこで最も基本となる奉仕の源は、ロータリアン一人一人の「職業」をとおしての奉仕の体制づくりと思いますし、職業奉仕を前面に出してロータリー活動があるのもうなづけます。そして、全ての奉仕活動が、職業奉仕の確立によって地に足のついた奉仕活動が展開されると思います。社会では頻繁に発生する災害対策や人育ての教育の課題、教育に目を向けると、スポーツ活動による人間力育成や学力向上対策、貧困児童対策と限りなく身近な問題にもロータリ一クラブ活動として目を向ける事も出来るのではと考えます。寄付も大切ですが、自らの職業をとおして社会に奉仕する。 災害発生時には、建設業の出番ではありますが、必要に応じてロータリーの災害支援活動として活動し、平時においても重機を使っての河川整備、これも広 範囲には無理がありますので、場所を指定する等して行うことで市民にロータリークラブが親しまれ活動を喜んで戴くことは私たちの喜びにもなるのではと思うと ころです。また、教育問題では人間力育成をめざすスポーツ少年団活動の支援。学力向上対策としては、先生OBを動かしての教育支援も地域社会に目に見 える形で貢献出来る活動であると思うところです。
以上、ご提案申しあげて卓話を終わらせて戴きます。


週報ダウンロード
詳しい内容は、「週報」をダウンロードしてご覧下さい。
例会場
例会日:毎週金曜日
時 間:12:30〜13:30
場 所:メインホテル
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号
TEL 0986-23-3131

事務局・お問い合わせ先
都城3ロータリー事務局
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号 メインホテル4F
TEL 0986-25-0834
FAX 0986-25-0618
Eメール rc2730@lily.ocn.ne.jp