第3166回週報
会長の時間

鎌田明彦 会長
2月に入りましてもう会長職の方も約半分終ろうとしていますけど、今思えば早かったなあという感じが致します。また本年度も大イベントの65周年も終りましてほっとしている所であります。また後は今月あります年末家族会がありますけどそれが終れば気楽なのかなという気持ちであります。また本日は、月初めということでガバナー月信とロータリーの友が皆さんのお手元にあると思いますので、ぜひ熟読はされなくてもかま いませんので目はちゃんと通して頂きたいと思っております。話は変わりますが、今月は「疾病予防と治療月間」となっておりますので、その件 に関してお話したいと思います。12月に入り気温の方も下がってきておりますのでお風呂に入る際、ヒートショックの方に皆さんお気を付けて 下さい。また私の方も、11月になって例会の方を休んだんですけど、後腹膜脂肪肉腫っていうのが出来まして、それで手術前の検査入院と15日ぐらい手術と入院をしていました。皆さんにはご心配おかけ致しました。また病気に関しても痛みもあり完全ではないんですけど、結果的に先生に聞いたところはっきり分からないという事でした。想像するに 脂肪肉腫ですので、社長業に伴いデスクワークが多くなり現場に行って体を動かす機会というのが少なくなり、更には出方も飲み方も多くなり、その環境が重なって脂肪が付いたのではという気がしております。それもあり、年末にかけて皆さんもそういう出方とか食事の方も多くな ると思います。皆さんもほどほどに飲み方も食事の方もして頂ければと 思います。これからは、家ではちょっと飲まないでいようという気持ちに変えようかなと思います。やはり健康的には自分が頑張らないと健康にはならないかと思いますので、皆さんも自分の健康に十分気を付けて今後の生活を送って頂きたいと思います。


誕生者祝福

津曲副幹事 湯通堂会員 福崎歴代会長
委員会報告

職業奉仕委員会 木脇歴代会長
1月の例会で職業奉仕表彰をする例会になっておりますけれども、出来れば皆さん方が、職業奉仕に値するような方がいらっしゃれば推薦をよろしくお願いしたいと思います。それから私、赤い羽根共同募金の会長をしてるんですよ。人間で一番尊きことと言うのは、人の為に奉 仕をして少なくとも恩にきせたい人より、人の為に奉仕をして人には恩をきせないということがこういう人物が一番尊い人だという、これは長峯先生が論語で綴るような言葉だと思うんですけども、つまり民生委員の方々は、各地域でそういう恵まれない方、孤独の老人、あるいは児童のために地域で悩んでおられる方々、恵まれなくて悩んでいる方々の相談相手で、一生懸命地域の発展の為に自分たちの故郷を良くしようという事で一生懸命やっておられます。その方々が地域で共同募金の赤い羽根の募金活動をして頂いている訳ですから、私は、幸薄き人たちに尊いことをして、恵まれない方々の面倒を見てやるとか僕らはその実践的なことは出来ないかもしれないけど、これらは私はロータリーの精神、奉仕の心に通じるものがあるんじゃないかと思っているんですよ。本日は、まだ募金をしておられない方がいらっしゃいましたら、 恵まれない人たちの、奉仕活動をしていらっしゃる皆さん方に対して少しでもご寄付をして温かい心を発揮して頂ければありがたいと思っております。よろしくお願いします。


本日のプログラム(年次総会)

小久保歴代会長より次年度の役員並びに理事の発表が次の様に報告されました。
2020-2021年度 役員
会  長
温水 玲子会員
幹  事
津曲由紀子会員
副 会 長
西田 憲一会員
直前会長
鎌田 明彦会員
会  計
中村 壽秀会員
S A A
宮川久美子会員

2020-2021年度 理事
木脇 義紹会員 前田 尚子会員 東郷 研哉会員
上原 誠史会員 黒木由美子会員 堀之内芳久会員 渡瀬 登会員


本日のプログラム(会員卓話)

川越会員卓話
「宮崎ガスの歩みと天然ガスについて」


宮崎ガスの歩みと天然ガスというお話をさせて頂きたいと思います。宮崎ガスは、地球に埋設した導管を通じてお宅様とか工場にガス供給をしております。これを通称都市ガスという呼び方をしてます。日本で初めて都市ガスが始まったのは、明治5年に横浜の馬車道にガス灯が灯ったという所から都市ガスというのが始まっております。その約半世紀後に昭和5年7月28日に宮崎駅東口に事務所ガスタンクを構えて宮崎ガス株式会社が誕生し、その時は約300個程度をお客様のお宅にガスの供給を開始致しました。その後、昭和8年5月19日に延岡ガス(株)を創立、昭和14年に都城ガス(株)を創立しておりますが、それぞれが独立会社でしたので、昭和17年12月1日に三社合併ということで、現在の宮崎ガス(株)になりました。それから地域社会の発展と皆様の豊かな暮らしに貢献するために邁進してきまして、現在89年の年月が経っております。当初の原料はコークスや石炭その後はナフサ等で、ガスの製造をし、私達が今専科している 地球は温暖化やオゾン層の破壊、酸性雨などの大きな問題を抱えております。そうした中で今注目されているのが、当社が今供給を行っています天 然ガスになります。天然ガスは石炭を百で燃やしたときに約半分の汚染しかしません。あと酸性雨や大気汚染、窒素酸化物等も2割程か出ませんし、 硫黄酸化物に関しましては全く出ないというところでそれ故に天然ガスは、環境に優しい天然ガスというふうに言われております。天然ガスはマイナス162度まで冷やすと液体化します。この10号線沿いをLNGと書かれたタンクローリーが一日何往復もしているかと思いますけど、それが天然ガスを液化させたものです。輸送にも非常に便利ということで、天然ガスが今採用されているのですが、それを踏まえて国の運輸性を設けて全国のバス事 業者が天然ガスの方にガスをそのナフサ等から転換をしていったということになります。それから宮崎ガスでは、宮崎支店は平成6年、延岡は平成10年、都城を平成11年に天然ガスの方にガスを転換しております。今は現在吉尾町ですがそのときに天然ガスの転換センターとして吉尾町を利用して天然ガスの転換をしております。天然ガスに転換するのに長いところには1年行ったところもあります。私もものづくりが得意ではなかったので、ガス器具でコンロとか給湯器、炊飯器、オーブン、暖房器様々なガス器具はあるんですけど、最初は相当部品の交換で苦労しました。そういった中、全ての転換九州内無事に終わりましてシーガイア、みなさんご存知かと思うんですけど、ラグゼ一ツ葉とかフォーティーファイブなどはプロパン供給だったんですが、当初のノウハウや技術を生かして、転換を自社で天然ガスの切り替えを行っております。現在は新聞等で聞かれたかと思いますが旭化成様が長浜第3石炭火力発電所の老朽化に伴い天然ガスの火力発電所にするという決定がなされました。当社筆頭でひむか LNG(株)を創立しまして、延岡市が宮崎県では初めてのLNG内航船が機構できる基地を只今建設中であります。最後になりますが、今後皆様の豊かな暮らしに貢献するため日々邁進して参りたいと思います。



湯通堂会員卓話
「税理士の職業について 経営計画所 PDCAサイクル」


私は、最近なのですがインターネットで、都道府県別平均年収っていうのがありましてそれを見た所、宮崎県が47位の最下位でした。それが非常に私悔しくて、なんでこんなに宮崎県って利益の給料が少ないんだろうなって思いまして非常に悔しい思いをしたんですが、中小企業の決算書というのは、金融機関とそれから税務署とそれから税理士事務所にだいたい渡ると思うんですけど、その中で金融機関は貸出をするかどうかでみたり、税務署の場合は納税が正しいのか計算が正しいのかという観点でみると思うんですが、税理士事務 所はその計算の正しくしたり申告書を作るという業務もありますが、もっと中小企業の皆さんに稼いでもらうっていうのをお手伝い出来なかったという宮崎県の税理士の責任でもあるかなと私は考えております。私も普段経営者の方々と色々お話をする機会があります。その中で私は、上場会社に2社勤めてたんですが、上場会社って利益の追求の仕方がもう半端ないんですよね。中小企業と比べ物にならない感じです。戦略や戦術もかなり 明文化されていて、その辺が中小企業と違うところだなと思うんですが、中小企業の社長さんに良くお話をする機会があって思うことが、なんとなく経営していて、戦略や戦術がない方が非常に多いんです。なんとなく経営している人が多いので、そこが問題なのかなと思います。また社長さんから相談で最近は若い人材が入ってきても、すぐ辞めていく人が多いと聞きますが、辞めるのは自分自身の未来に不安を感じているからだと思います。だからすぐ辞めていくというような事が起こっているんだと思います。そこで、社員の方々とそういう戦略や戦術を練って、やっていく上で一番必要だなと思ったのが経営計 画書なんですよ。これは、私の会社の来年度の経営計画書です。2020年ですね。204ページに渡って書いてあるんですけど、この中で何がかかれてい るかというと、、皆さん多分会計税理士事務所がかいている経営計画書って数字ばかりだろって思ってるかと思うんですが、この中で数字が出てくるのは 2ページだけなんですよね。この中では、社員の未来像とそして会社の未来像そして組織の未来像が記載されております。社員の未来像を達成するため に会社の未来像を書いているんです。私は企業とは、全社員のものだと思っております。だから全社員で、一眼となる為にはこの経営計画書が非常に素晴 らしいんです。例えば私のところの戦略というところでは、市場にはお客様とライバルしかいないと、だからお客様に我が社を選んで頂けるように差別化を図るとそこからまたその内容が書かれたりして行っているんですね。例えば社員の未来像とかでは、何が書いてあるかというと、例えば10年後はこれぐら いの収入になりますよとか、何歳になったらこれぐらいになりますよとかいうことを書いていってます。その中で一つ目標というか会計事務所の業界で一 番高い事務所の10%増を目指すと書いてあります。実際にいくらもらっているとかはわからないから、いちおう目指すというふうにしてあるというところで す。よく言われるPDCA サイクルっていうんですけど、これがいわゆるPの部分ですね。プラン、これを実現させていくために後DCAというところで、私はこの湯通堂式欠字決算書オリジナルブランドでこういうのを作ってます。この中で特徴的なのが、未来会計図というところとキャッシュ・フロー計算書が あるんです。ブランクになってるんです。数字を社長さんに埋めて頂いて会社がどうやったらもっと設けてどうやったらお金がいっぱいもっと貯まるのかと いうことを教えるようにしています。皆様もぜひ経営計画書を作って頂いて、もっともっと稼いで頂いてそして宮崎県の平均年収が増えるように頑張っていきましょう。
ありがとうございました。


週報ダウンロード
詳しい内容は、「週報」をダウンロードしてご覧下さい。
例会場
例会日:毎週金曜日
時 間:12:30〜13:30
場 所:メインホテル
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号
TEL 0986-23-3131

事務局・お問い合わせ先
都城3ロータリー事務局
〒885-0072 宮崎県都城市上町8街区9号 メインホテル4F
TEL 0986-25-0834
FAX 0986-25-0618
Eメール rc2730@lily.ocn.ne.jp