週報詳細

第3215回週報

例会日:2021年10月1日

会長の時間/西田会長

本日の例会にまずご参加いただきましてありがとうございます。約2カ月ぶりの例会となりました。つい先日ご案内させて頂きました例会出欠表につきましては、先週にご案内したかったのですが、緊急事態宣言が解除される情報を確信した上での判断のご案内になりましたことを申し訳なく思っております。まずは本日より、気分を新たに2カ月活動出来ていない分も活動して参りたいと思っております。なお本日の例会については、例会時間を短縮した形でのお弁当配布となっております。来週からの例会方向性については、通常どおりの例会で開催するのかどうかを本日の例会終了後に理事会にて協議させて頂きたいと思っております。まずは会員皆さんとご家族の安全を鑑みながら健全なクラブ運営をしたいと思っておりますので、何卒ご理解の程、お願いしたいと思っております。さて、例会が2カ月のブランクもありましたので振り返させていただきますと、7月の都城教育振興基金月間では、34名会員のご寄付を頂きましたことを改めてご報告申し上げます。都城教育振興基金月間は、7月を以て終っておりますが、寄付するのを「うっかりしていた」という会員の方もいらっしゃるかと思いますので、残り18名の会員の皆様におかれましては、引き続きまして教育振興基金へのご寄付をお願い致します。8月については、会員増強強化月間となっておりました。8月は1回だけの例会開催となりましたが、会員増強強化月間に伴いまして会員公示だけはしておりましたので、来週例会には、お亡くなりになられた下森歴代会長のご子息である下森大也君にオブザーブして頂くようになっておりますので、皆さん暖かく迎えて頂き名刺交換等をして頂ければと思っております。引き続き担当委員会も含めまして、会員の皆さんからの会員拡大情報を、是非ともお寄せいただければと思っております。9月については、例会が全て中止ではありましたが、9月開催予定であったIA活動報告を、都城商業高校に出向いて参りまして、担当委員長の上村委員長そして上原幹事と一緒に活動内容を確認させて頂きました。商業高校においては、担当先生からの話や素晴らしいIA生のPR活動動画を確認させて頂きましたので、助成金をお渡しさせて頂きました。また東高校におきましては、今年の1月に会員数が2名だったIA生が、9月においては15名になったと確認させて頂きまして、2校のIAの活動に対して良い刺激を頂きました。コロナ禍の中、IA生も頑張って活動していることを皆様へご報告させて頂きます。このようなことから私も、コロナの影響でうまく会員増強が出来なかったということがないように身を引き締めて会員増強に励んで参りたいと強く実感させて頂きました。また、今月は経済と地域社会の発展・米山月間となっております。今月の月間に伴いまして本日のプログラムは、米山財団フォーラムとなっております。担当委員会の木脇歴代会長どうぞよろしくお願い致します。最後に本日は、地区の米山記念奨学会部門長の長嶺部門長にお越し頂いての外部卓話となっております。会員の皆さんが米山財団について、ロータリアンとして更なる理解につながる例会になることをご期待申し上げましてご挨拶とさせて頂きます。どうぞ本日もよろしくお願い致します。

本日のプログラム()

本日のプログラム
()

週報ダウンロード

例会の詳しい内容は、下記「週報ボタン」をクリック後、
PDFをダウンロードしてご覧下さい。

例会の詳しい内容は、下記「週報ボタン」をクリック後、PDFをダウンロードしてご覧下さい。

週報ボタン