週報詳細

第3224回週報

例会日:2022年3月11日

会長の時間/西田会長

年明けのはじめての例会にあたりまして本日はご参加頂きましてありがとうございます。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1月と2月は例会を中止にさせて頂きましたが、久々の例会が出来ることをありがたいなと感じさせておりますし、例会を中止せざるを得ない状況になった際の例会開催をハイブリッドやZOOMを利用しての開催のあり方を考えないといけないのではないかと思っております。 さて、昨年の年末家族会においては、大変賑やかな家族会になりまして川畠委員長をはじめとする親睦委員会の会員の皆さんには大変お世話になりました。お蔭をもちまして、ちょっと違う意味での好意と友情を深める場の家族会が出来たことを感謝申し上げます。 また、本日は3ヶ月分のロータリーの友とガバナー月信など配布物が多いので、時間がある時にお目通しをいただきたいと思っております。本日の配布物の中に12月にクラブ健康チェックシートとして、アンケートを回答していただいた集計を須賀SAAの方でさせて頂いたようですので、皆様には、アンケートの結果の方を週報の号外として配布させていただいております。この結果をふまえまして、より良いクラブの活性化へ役立てたいと思っておりますので、どうぞ、宜しくお願い致します今月の月間は水と衛星月間となっております。3月6日の日曜日においては都城ロータリークラブが、ホストとなりまして午前中に年見川の清掃活動を実施する方向でロータリー奉仕デーを開催することになっておりました。ただし、コロナウイルス感染拡大防止の観点より、ロータリー奉仕デーが中止ではなく、現在は延期となっております事をご報告させて頂きます。本日のプログラムは、東日本大震災追悼フォーラムとなっております。皆さんもご存じのように11年前のちょうど今日の日が、東日本大震災が発生した日となっております。この日だけは日本人としてロータリアンとしても風化してはならない日だと思っております。このことから東日本大震災などのボランティア活動に深く関わっている「きりんさん」をお招きしての卓話を1年前ほどからお願いしておりまして、この日を迎えることが出来たのは喜ばしい限りだなと思っております。最後になりますが、本例会をとおして、ロータリアンとしてさらなる学びの場となり、本日は多くの方が誕生者祝福と皆勤賞を頂いておりますので、喜んでニコニコをしていただく例会の場となることをご期待申し上げまして挨拶とさせていただきます。どうぞ、本日もよろしくお願い致します。

本日のプログラム(東日本大震災追悼フォーラム / プログラム委員会担当(SAKURA))

本日のプログラム
(東日本大震災追悼フォーラム / プログラム委員会担当(SAKURA))

週報ダウンロード

例会の詳しい内容は、下記「週報ボタン」をクリック後、
PDFをダウンロードしてご覧下さい。

例会の詳しい内容は、下記「週報ボタン」をクリック後、PDFをダウンロードしてご覧下さい。

週報ボタン